大好き!にいがた!最新情報

第6回「大好き!にいがた!」フォトコンテスト審査結果発表

img-daisukip2012_1.jpg

第6回「大好き!にいがた!」フォトコンテストの審査会が、9月3日にNST本社にて開かれました。
応募総数464枚の中から、グランプリと準グランプリに選ばれた作品と各入賞者を発表いたします。
また、今年から新設された高校生部門についても、入賞した5作品を発表いたします。
審査員である日本写真協会会員・新潟花の会会長・新潟県写真芸術協会顧問 渡辺収一郎先生から頂戴しました今回の応募全体に対する講評も併せてご紹介いたします。



【グランプリ】
img-daisukip2012_1.jpg
タイトル:姉妹
お名前:高橋 ジュン 様

【グランプリ "姉妹"についての講評】
とにかく光が良い。窓越しに入ってくる光がすごく良い作品。
魚眼レンズを使っているので、お子さんの持っているうちわも大きく見えて迫力がある。


【準グランプリ】
img-daisukip2012_2.jpg
タイトル:春が来た
お名前:小林 仁 様

【準グランプリ "春が来た"についての講評】
桜を背景に、お子さんが喜んで桜の下を駆け回っている表情がよく出ている作品。


【準グランプリ】
img-daisukip2012_3.jpg
タイトル:残照
お名前:野島 俊介 様

【準グランプリ "残照"についての講評】
日本海に落ちる夕陽がとてもきれいに映っていて、素晴らしい光景。
雲海と綺麗な夕陽のシャッターチャンスを捉えた良い作品。


【全体についての講評】
一年一年作品全体の質が向上していますが、特に今回の入賞作品はレベルがアップしているように思います。

新潟の風景というと、決まった被写体に偏りがちだったけれど、被写体が豊富になり、より身近な被写体を撮影されていて良かった。


【新設された高校生部門についての講評】
高校生は高校生らしく、一般部門とはアングルが違っていて、特に上位入賞した写真では、被写体と自然の組み合わせがうまくできていて素晴らしい写真でした。

全体としては。計算し尽くした写真というよりも、自然そのものずばりを切り取った写真がよく撮れていたと思います。


【その他入賞者】
<NST賞>
タイトル:夏の灯りII
お名前:金子 克巳 様

<新潟フジカラー賞>
タイトル:仲良し
お名前:高野 栄子 様

<入選>
タイトル:雀合戦
お名前:小川 彰弘 様

タイトル:海上相撲
お名前:斎藤 日出子 様

タイトル:ワカメ採り
お名前:斎藤 達彦 様

タイトル:吹雪に舞う大〆縄
お名前:小林 敏行 様

タイトル:朝仕事を終え家路へ
お名前:内藤 裕子 様

タイトル:雪中茶会
お名前:蝶名林 稔 様

タイトル:夕照
お名前:渡辺 隆 様

タイトル:また来てね〜
お名前:五十嵐 七郎 様

タイトル:残り柿
お名前:寺沢 美恵子 様

タイトル:ボクのパパとママ
お名前:山口 愛子 様

タイトル:睨み合い
お名前:近藤 武夫 様

タイトル:新潟夏まつりのとり
お名前:和田 広次 様

タイトル:出発
お名前:田中 日登志 様

タイトル: 節分厄祓い
お名前:梨本 清一 様

タイトル:蕗採りのおばあちゃんたち
お名前:服部 健 様


【高校生部門入賞者】

<NST賞>
タイトル:ORAGAMURA
お名前:村上高校 高橋 成美 様

<入選>
タイトル:暑いー!
お名前:新潟向陽高校 渋谷 優花 様

タイトル:鮭と私
お名前:新潟向陽高校 菊地 里那 様

タイトル:29代目住職、堂々の笑顔
お名前:六日町高校 木下 菜摘 様

タイトル:雪の中へようこそ
お名前:塩沢商工高校 西潟 清矢 様

2013年9月 4日 17:39 | |